名刺を印刷する方法|印刷のプロを比較して依頼しよう

作成の際について

名刺を持つ人

名刺作成する際、デザインから発注する場合はデザイナーや印刷業者が名刺用のDTPデータを作成してもらえます。名刺専門の通販サイトではサンプルデザインを多数掲載しており、そちらからお好みのデザインを選んで情報入力しデザイン調整〜印刷、納品までを行なってもらえます。自身がデザインデータを作成出来る方はデータ完成後、申し込み時に入稿データを添付し印刷加工してもらえます。印刷加工費用のみなのでデータを自作出来る方は格安で名刺作成出来ます。名刺データ作成の際、注意する点は文字校正を確実に行なうこと、電話番号やメールアドレスが間違っていれば名刺として役立たないばかりか、信用を失います。再印刷すると費用が倍となります。写真やロゴを入れたりさまざまな表現がありますが、名刺を受け取る方が見やすい、わかりやすいことを基本に名刺作成してください。

名刺作成する際、知っておくと良いこと。名刺をなぜ渡すのかという原点を考えた名刺づくりがたいせつです。どのような業種でどういう方へ配り、どれだけの効果があるかということも考えた紙面構成、表現をしないといけません。例えば、飲食店や洋品店などのショップ系でしたら裏面に所在地の地図を入れる、いち押し商品や新商品などがあれば文字記載したり、写真を入れるのもあり。セールスポイントを外さない、ただ、会社名、名前、連絡先があれば良いというものではありません。名刺はちいさな販促ツールです。限られた紙面(スペース)ですが、表現方法やアイデアで効果や価値の差が大きく変わります。このことを念頭に置き、販促効果のあるオリジナルな名刺作成をおこなってください。